金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

シャネルコラム

  1. 金・ダイヤモンド・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. ブランド買取
  3. シャネル買取
  4. シャネルコラム
  5. 偽物に注意!シャネルのバッグを見分ける

偽物に注意!シャネルのバッグを見分ける

2015年12月8日

シャネル

高級ブランド「シャネル」のバッグ。Cが重なった形のCCマークは、女性にとって永遠の憧れです。しかし悲しいかな、シャネルには偽物のコピー商品も多く出回っています。偽物はシャネル本店の修理保障なども利用できない上に、どれだけ精巧なものであっても買取専門店では買取不可となってしまいます。何より、本物と信じて買ったバッグが偽物だったらショックは大きいといえます。できるだけ偽物を見抜いて買わないようにするためにも、買取査定でも必ずチェックされる、本物と偽物を見分けるポイントをご紹介します。

留め具のネジをチェック!

シャネルのバッグには、留め具部分にネジが使用されています。買取査定でまずチェックされるのが、このネジ部分。本物のネジには基本的にマイナスネジが使われており、これがプラスネジのものは偽物である確率が高いといえます。バッグの種類によってネジが使用されている場所が違っていたり、そもそもネジが使用されていなかったり、偽物にもマイナスネジが使われていることもあるので必ずしも偽物を見分けられるわけではありませんが、大きなヒントになります。

ロゴマークに隠された特徴

次にチェックしたいのが、「CHANEL」のロゴマークです。本物のロゴマークは「A」の頂点部分が台形状になっており、頂点部分は尖っている場合は偽物です。また、本物は「E」の形が凝っており、横棒部分の長さがすべてバラバラとなっています。真ん中の横棒が長かったり、長さが揃っていたりするものは偽物と判別できます。さらに、「CHANEL」のロゴマークの下にCCマークが刻印されている場合、ロゴマークの中央部分ではなく、やや「A」寄りに片寄っているのが本物です。そういった細かい点でも、シャネルの偽物を見分けることができます。

ギャランティーカードなどの付属品は大切に!

買取専門店の買取査定で必ず注意されるのが「ギャランティーカード」の有無。ギャランティーカードに刻印されているシリアルナンバーや、バッグに貼り付けられているシリアルシールは、買取査定での鑑定で大きなポイントとなります。古いものを除き、ギャランティーカードにはブラックライトを当てると特定の行が光る仕掛けが施されており、シリアルシールにもさまざまな特徴や仕掛けが仕込まれています。
買取専門店の買取査定では、これらのさまざまなポイントで本物かどうかを鑑定しています。ギャランティーカードなどの付属品は、そのバッグが本物であるという大切な証明になるのです。付属品がすべて揃っていると買取査定額も大幅に高くなりますので、シャネルのバッグを購入した場合は、必ず付属品も大切に保管しておきましょう。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る