金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

金買取コラム

  1. 金・プラチナ・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. 金買取
  3. 金買取コラム
  4. 金の純度は自分で調べられる!?

金の純度は自分で調べられる!?

2015年12月17日

金の純度

「金を買取してもらいたいけれど、純度が低いと買取価格も安くなるのかな?」とお悩みの方にぜひ知っていただきたい、金の純度の測り方があります。ご自宅にあるものだけで金の純度を測ることができ、傷や汚れがつくこともないので買取に支障が出ることもありません。買取を希望される金をお持ちの方は、ご自宅でぜひお試しください。

純度って何?

金の純度(=数値)は、金の含有率を表します。純金はとろりとした濃厚な輝きが特徴的ですが、非常に柔らかく、アクセサリーとして加工することは極めて困難です。そのため、金をアクセサリーとして加工する際には「割金」という他の物質を混ぜてから加工することになります。全体における金の比率が大きくなるほど重量も増えるという性質があり、これを利用して純度を測ることができるのです。
ちなみに日本では、金の含有率99.99 %以上の純金は24K(カラット)と表記しても良いことになっています。お手持ちの金に24Kと表示されていれば、それは99.99 %の金を含む純金、ということなのです。なお、金と割金の配合率によって、ピンクゴールドやホワイトゴールドなどのカラーゴールドを作り出すことができます。

金の純度を調べてみよう

ご自宅で金の純度を調べるために用意するものは4つです。

  • 1.紙やプラスチックでできた軽いコップ
  • 2.金を吊るすための糸
  • 3.水
  • 4.量り(0.1gまで計測できるものなら、電子スケールでも可)
  • 1.まずは量りで金だけの重さを測りましょう。ここでは仮に、金だけの重さを10gとします。
  • 2.次にコップに水を入れ、重さを計測したあとに量りの数字をリセットして0gにしてください。
  • 3.量りの上のコップに、糸を巻いた金を入れます。コップに金を入れるときは、金がコップの触れないように注意してください。このときに増えた水の重さから金の体積を割り出すことができます。ここでは仮に、0.7ccとします。
  • 4.Iの数値(金の重さ)÷IIIの数値(金の体積)という計算式で答えを出しましょう。この場合は10÷0.7=14.28となります。この数値を基に、金の純度一覧表から純度を割り出すことができます。一覧表では、10Kは11.42~13.09、14Kは12.91~14.44、18Kは14.84~16.12、22Kは19.13~19.51となっているため、上記の例では金の純度は14Kという結果になります。

アルキメデスも浮力で金の純度を調べた

古代ギリシャの科学者であり数学者でもあるアルキメデスも、上述の方法のように浮力を使って金の純度を測ったといわれています。アルキメデスの出身地であるシラクサの王様が職人に黄金の王冠を作らせたところ、「出来上がった王冠は、金を少し抜いて代わりに銀を混ぜたのだ」という情報が入りました。そこで王様はアルキメデスに王冠と同じ重さの純金を渡して「王冠を壊さずに金の純度を調べよ」と命じたのです。アルキメデスは「金は純度が高くなるほど重くなる」という性質を利用し、王冠と純金の塊を天秤に吊るして水の中で浮力を比べました。水の中で天秤に吊るされた王冠がわずかに浮き、王冠には銀が混ぜられているということがわかったのです。
すぐれた数学者であるアルキメデスは、機械がない時代でも浮力と金の性質を利用して見事に王様の命に応えてみせたのです。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る