金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

宝石買取コラム

  1. 金・ダイヤモンド・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. 宝石買取
  3. 宝石買取コラム
  4. 静寂を纏う漆黒。深く惹きこまれる黒い宝石たち

静寂を纏う漆黒。深く惹きこまれる黒い宝石たち

2016年11月11日

黒い宝石

宝石を選ぶとき、「色」は大きなキーポイントになります。「手持ちのファッションに合う色か」「自分の肌色にあった色か」「TPOに合った色か」「そもそも気に入った色か」など、多くの人が無意識に色を軸にして宝石を選んでいます。実はこの「色」、買取においても重要なポイントになるのです。
そこで今回ご紹介するのは、「黒色」の宝石。その強い色には強い力があると信じられることが多く、黒色であるがゆえにパワーストーンとして重宝される石もあります。そんな独特の雰囲気を漂わせている黒い宝石は、高額買取されることもあります。

黒翡翠

一般的には緑のイメージがある翡翠ですが、実はさまざまなカラーの翡翠が存在しています。その中でも人気が高いのが「黒翡翠」。黒翡翠も翡翠と同じく「徳を高める」「成功と繁栄をもたらす」石として知られており、パワーストーンとしても重宝されています。「魂を守る」と信じられていた黒翡翠は、古代の棺の中から見つかることもあります。このような信仰や、翡翠と比べて高い希少性から、高値で取引をされています。
なお、翡翠には「ジェダイト」と「ネフライト」の2種類が存在します。ジェダイトは硬度が高い翡翠輝石、ネフライトは硬度が低い角閃石をさします。この2種類は厳密には異なる鉱物ですが、見た目が酷似しているので、どちらも翡翠と呼ばれています。黒翡翠はジェダイトに分類されます。

ブラックトルマリン

ブラックトルマリンは、トルマリンの一種で「ショール」とも呼ばれています。実は宝石としての価値はそれほど高くありませんでしたが、近年のパワーストーン人気の影響で人気に火がつきました。ブラックトルマリンは、ネガティブなエネルギーを打ち払う力があるパワーストーンだと信じられています。トラブルを防止したり、悪い気を遠ざけたり、疲労やストレスを軽減したい人が身につけるパワーストーンです。
トルマリンそのものは「電気石」とも呼ばれており、摩擦や過熱などによって帯電する性質を持っています。トルマリンの中でも鉄を大量に含むことから、ブラックトルマリンは「鉄電気石」とも呼ばれています。ブラックトルマリンの持つ微弱電流が体の凝りを緩和させたり、血流をスムーズにさせたりするという理由で、昔の人はブラックトルマリンを病気の治療などにも用いていたそうです。

ブラックスピネル

スピネルといえば、ルビーと間違えられることが多い宝石としてレッドスピネルが有名です。ルビーもスピネルも同じ鉱物・コランダムに属しているため、見分けるのが難しいことで知られています。そのため、「ルビーだと思って買取依頼をしたら実はスピネルだった」というケースもあります。そんなレッドスピネルと並んで人気な宝石が、ブラックスピネルです。
ブラックスピネルの人気の理由は、その輝きにあります。黒い宝石は数ありますが、ブラックスピネルはブラックダイヤモンドに匹敵するといわれるほどの美しい輝きを有しています。そうした輝きをより強くするために、ブラックスピネルはダイヤカットやカボションカットなど、角のあるカットが施されることが多いです。ブラックスピネルには、持ち主の個性的な能力を高める効果があるといわれています。そのため、叶えたい夢や目標がある人が持つと良いとされています。

高額買取の可能性も十分にある黒い宝石

パワーストーンとして一般からの人気を高く集める黒色の宝石たち。人気の石は、宝石としての価値がそれほど高くなくとも需要が高いため、高額買取をしてもらえる場合があります。今は使っていない黒い宝石があれば、買取に出して、黒の力を求める方にお譲りしてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る