1. 金・ダイヤモンド・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. 宝石買取
  3. コラム
  4. パール買取について

宝石コラム

パール買取について

noimage

冠婚葬祭の際などに重宝されるパールですが、実は様々な種類があり高く売ることができるものから、価値が付かないものなどお持ちのパールアクセサリーや新たに購入予定の方などに参考になれば幸いです。
真珠は貝の体内で貝殻成分を分泌する外套膜が、貝の体内に偶然に入りこむことで天然真珠が生成される宝石で、特に大粒で傷や凹みが少ない物は希少性が高く中古のお品でも高く売ることができます。ただ、養殖のパールや別の素材で人工的につくられたフェイクパールなど様々なパールがございますので種類や用途、価値などをご紹介させていただきます。

パールの種類と特徴

本真珠

本真珠は主にアコヤ貝の中で作られる真珠で、海に生息している貝です。
重厚感とテリがあり内側から輝いているような綺麗さです。
天然と養殖とがあり、養殖の方が安く手に入りますが、本物の真珠であることには違いありません。

淡水パール

淡水パールとは、川や湖など淡水で育つ貝からパールがとれるもので、形はお米や涙のような形状などで、ほとんどが養殖で、その際核を挿入しないことが多いため、真円には育たずさまざまな形状のものになります。
色は白、ピンク、オレンジ、紫などがあります。
本真珠と比べると淡水パールはかなりお安く購入でき、小粒で個性的な形ため、淡水パールのほうがカジュアルに使うことができます。「けし玉」とよばれたりします。

黒真珠、マベ真珠、南洋真珠など

パールが作られる際の貝の種類により名前がかわり、黒蝶貝からとれるものを“黒蝶真珠(黒真珠)”、マペ貝から産するものを“マペ真珠”とよばれます。

イミテーションパール

上記の本物の貝が生み出すパールとは違い、イミテーションパールは、、核の周りに真珠層を人工的に吹き付けて作られる模造真珠です。
今ではイミテーションパールも、核の材質に工夫がされ、それぞれその軽さや特徴を活かしたアクセサリーがたくさん出ています。
ちょっと見ただけではフェイクパールかどうか分からないものも多いです。また、本真珠は汗や傷に弱いため、ちょっとしたお出掛けや普段使いのアクセサリーとしては、イミテーションパールが大活躍します。

プラスチックパール

核にプラスチックの玉を使い、真珠箔を塗布した人工真珠です。
本真珠に比べると軽く、色も本真珠との違いはかなり白いです。汗や傷には強いため、お子様の着用や、普段使いに向いています。

ガラスパール

核にガラスピースを挿入し真珠箔を塗布した人工真珠です。
重さもあり、プラスチックパールよりも光沢があるのが特徴です。
ガラスの珠に塗装しているため、表面もキメが細かく美しい輝きがあり、高級感もあります。

コットンパール

綿を圧縮し丸く固めた核を使った、人口真珠です。
コットンパールはとても軽く、重ね付けもしやすいのでアクセサリーなどによくつかわれます。

貝パール

養殖真珠に用いる貝から作った核を使って作られるものです。
貝パールは、より本物を追求した人工真珠であるため、本真珠と比べても重さはほとんど変わらないほどです。
もっとも本真珠と見分けがつきにくいパールです

高く売るためのポイント!

フェイクパールは買取価格が付きません。
本真珠なら高く売れる可能性がありますが、パールは保存状態が難しく汗や化粧品などが付着したまま放置してしまうと表面の幕が劣化したり、黄ばんだり、剥がれたりしてしまいます。
このような状態になってしまったらせっかくの本真珠も買取価格が付きません。ご使用後乾いた柔らかい布で拭いて汚れを落とした状態で保管されると長持ちします。
また、本真珠のネックレスには留め具の素材にK14が使われているものが多く、一粒ごとに糸の所が結ばれておりパール同士がぶつかるのを防ぐつくりのものが多いです。
このようなお品は高く売れる可能性が高くなります。

パールの買取ならぜひゴールドウィンにお任せください。