金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

エメラルドコラム

  1. 金・ダイヤモンド・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. 宝石買取
  3. エメラルド買取
  4. エメラルドコラム
  5. オイル処理が不要!ザンビア産のエメラルドの特徴

オイル処理が不要!ザンビア産のエメラルドの特徴

2016年11月21日

エメラルド

エメラルドはダイヤモンドやルビー、サファイアと並んで人気の高い宝石です。買取専門店などでも高価買取が期待できるエメラルドは、その多くが南米やアフリカで産出されています。今回は、中でも特に高品質だといわれる「ザンビア産エメラルド」の特徴や魅力について、ご紹介します。

オイル処理いらずのザンビア産エメラルド

ザンビアでは、オイル処理の必要がない高品質なエメラルドが多く産出されています。エメラルドをはじめ、多くの宝石は最初から完璧な状態で採掘されるわけではありません。採掘されたばかりの宝石は、ひびが入っていたり、傷がついていたりするケースがほとんどです。そのような宝石は、オイル処理をしてひびや傷の修復をする必要があります。
一方で、結晶密度が高い宝石は、研磨をしてもひび割れたり傷が入ったりするような可能性が低く、オイル処理をする必要がありません。ザンビア産のエメラルドは結晶密度が高く、オイル処理必要としない美しいものが多いため、人気が非常に高いのです。

オイル処理がされていないエメラルドを購入したいのであれば、宝石の鑑定書をチェックしましょう。鑑定書に“ノンオイル”や“無処理”といった記載があれば、オイル処理などの加工がされていない宝石だと考えてよいでしょう。

なお、オイル処理がされている宝石を質が悪い宝石だと解釈することは間違いです。オイル処理などをはじめとした、宝石の美しさを引き出す処理は「エンハンスメント」と呼ばれます。こうしたエンハンスメントは、宝石の色や輝きをよりアップさせるエステのようなものだと考えましょう。

特徴と注意点を把握して、いつまでも美しく

エメラルドは、南米大陸やアフリカ大陸など、世界各国で産出されている宝石です。産地によって、色合いや形に違いがみられるのが大きな特徴です。そのため、ザンビア産エメラルドは0.5カラットを中心に、美しいオーバルシェイプカットのデザインが主流です。ザンビアでは、丸みを帯びた形状のエメラルドが多く発掘されます。また、原石全体に均等な緑色が広がっていることも大きな特徴です。他エリアで発掘されるエメラルドは、原石表面にのみ緑色が分布しています。そのため、ザンビア産エメラルドの均等な色は、めずらしい特徴だといえるでしょう。透明度が高く、色に深みがあるものも存在しており、高品質なジュエリーに使用されることもめずらしくありません。コロンビア産のエメラルドの優しい緑色に対して、ザンビア産はブルーの強いクールな色が特徴です。

そんなザンビア産のエメラルドを扱う際は、いくつかの注意点があります。まず、湿気のない乾燥した場所で保管しましょう。エメラルドは衝撃にも弱いため、乱暴に扱うことはご法度です。衝撃を受けたときのリスクヘッジを考えて、クッション代わりになるような柔らかい布で包んでおきましょう。また、オイル処理を施してあるエメラルドは、オイル抜けを防ぐメンテナンスを定期的にしてあげましょう。オイル処理が施された宝石は、年月が経つにつれて色が変化することがあります。

エメラルドをはじめ、美しい宝石を売却する際は、確かな査定能力のある買取専門店に依頼したいもの。どの買取専門店に買取依頼をするか迷っているという方は、ぜひゴールドウィンにお任せください。ゴールドウィンは、金やプラチナなどの貴金属をはじめ、ジュエリーやブランド品の査定・買取を行っている買取専門店です。ゴールドウィンでは、どんな大きさの宝石もきちんと査定し、適切な値段をつけさせていただきます。

また、お客様のご都合に合わせて、「出張買取」や「宅配買取」などにも対応します。遠方のお客様、お時間の都合がなかなか合わないという方でも、気軽に査定・買取をご依頼いただけます。まずは一度、ゴールドウィンにご相談ください。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る