金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

グッチコラム

  1. 金・ダイヤモンド・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. ブランド買取
  3. グッチ買取
  4. グッチコラム
  5. グッチのラインは、装飾金具で決まってるって知ってた?

グッチのラインは、装飾金具で決まってるって知ってた?

2016年6月30日

グッチ

世界的に高い知名度と人気を誇るハイブランド、グッチ。グッチのアイテムは、買取専門店のゴールドウィンでも高い人気があります。そんなグッチのアイテムといえば、装飾金具が特徴的です。ほとんどのアイテムに装飾金具があしらわれています。実は、グッチのアイテムのラインは装飾金具で分類されており、装飾金具の特徴を覚えれば一目でラインを当てることだってできるんです。ここでは、装飾金具で分類されているグッチのラインについてご紹介します。

グッチのライン別装飾金具の特徴

オールドグッチライン

オールドグッチラインは1980年代までのモデルの総称です。特定の装飾具はなく、モダンでアンティーク、レトロなデザインが特徴です。年季のあるラインでありながらも、今もなお、マニアからは高い人気があります。買取専門店のゴールドウィンでも高価買取の対象になります。

ジャッキーライン

ジャッキーラインは、元米国大統領夫人で海運王オナシスの妻である「ジャクリーヌ」の愛称から名前が付けられたラインです。革新的なデザインにグッチならではの機能性と美しさが兼ね揃えられたラインで、幅広い年代から支持されています。四角形の開閉式の装飾具が特徴です。

ニュージャッキーライン

ジャッキーラインにアレンジを加えて1990年代に登場したのが、ニュージャッキーラインです。ジャッキーラインと同様の機能性と美しさを兼ね揃えたデザインに、円筒型の装飾具が付いています。

カンデンスキーライン

カンデンスキーラインにはソリッド感のあるクリップ式の装飾具が付いており、バッグの開け閉めに時間がかかることから、機能性としては少しイマイチなラインです。しかし、斬新なデザインから人気も高く、買取専門店のゴールドウィンでも高価買取につながりやすいラインとなっています。

アビーライン

上品で繊細なデザインが特徴的なアビーライン。シンプルで使いやすく機能性も十分なので、若いOLさんなどに人気のラインです。装飾具の特徴は、所々に施されているグッチの刻印入りのDリング。

上記ではグッチのラインの中でもメジャーで人気の高いものをご紹介しましたが、このほかにも装飾金具の付いたラインは多数!ブーツやバッグなどのチャームの装飾具が特徴的なチャームライン、丸型の装飾具が付いたイクリプスライン、リボンとDリングにオールドグッチのタグが付いたドゥケッサラインなどもあります。

買取専門店のゴールドウィンでは、今回ご紹介した装飾金具の付いたラインから、緑・赤・緑のイタリアンカラーが特徴的なシェリーラインやリボンライン、竹の持ち手が特徴的なバンブーラインなども絶賛買取中です。グッチのアイテムの買取を希望される方は、是非とも買取専門店のゴールドウィンまでお問い合わせください。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る