新しく金を産出するためにはどれくらいのコストがかかる?

06-6348-2525

新しく金を産出するためにはどれくらいのコストがかかる?

2016年8月21日

金相場急騰中

近年、買取専門店での金の買取が強化され、「金を売りませんか?」という広告がよく目に入るようになりました。買取価格も年々上がっており、買取専門店で金を買取ってもらう人の数が増加しています。金の買取価格が上昇している理由の1つに、新しく金を産出するコストが上がっていることがあげられます。金を新しく産出するためには、どの程度のコストがかかるものなのでしょう。

金高騰の今が売りどき!

金・貴金属の高価買取のおすすめは大阪梅田・なんばのゴールドウィンで。
最新の価格相場で日本一の買取に挑戦!他社とも比較してください!
どこよりも高くをモットーに買取いたします。

金の採掘には膨大なコストがかかる

新しく金を採掘し、精錬して産出するには、「鉱山の権利金」、「採掘費用」、「精錬費用」、「税金」、「減価償却費」など実にさまざまなコストがかかります。なお、このコストは鉱山の権利関係や採掘方法によって事情は大きく異なるといわれています。
たとえば、1900年代には世界トップの産出量を誇り、ピーク時には年間1,000トンを超える金を産出していた南アフリカですが、この鉱脈があるのは地下およそ3,000メートルとも4,000メートルともいわれています。地下深くに鉱脈があるため、採掘には大量の機材と時間を必要とし、その分のコストがかさみます。
対して、現在南アフリカや諸国を抜いて年間産出量トップに君臨している中国の鉱脈は地表近くにあり、採掘方法はコストの低い露天掘りがメインとなっています。

生産コストが上がり、金自体の価格も上昇

人件費や燃料費、権利金や税金などあらゆる費用が高騰し続けている関係で、金の生産コストは年々上がっています。日本が現在、金を採掘できる鉱山は鹿児島県の菱刈鉱山しかなく、その産出量はごくわずかなものです。しかし日本には、ごくわずかな金が含まれた原石やスクラップから金を収集・精錬する技術を持っており、その技術を駆使して金を産出しています。精密機械やアクセサリーなどから金を取り出すリサイクル精錬の技術も進んでおり、そうしたリサイクル金は市場供給のおよそ30%を占めているといわれています。
買取専門店が金の買取を強化しているのも、この生産コストの上昇と金の新規産出量の減少が影響しています。18金アクセサリーなど、「デザインが古いから」、「ピアスの片方を失くしてしまったから」といった理由で押し入れに眠っている人も多いのではないでしょうか。ぜひ買取専門店での買取査定を利用し、金をリサイクルに出してみませんか?
金相場は生産コストや産出量、投資家の動向などさまざまな要因で毎日変動します。買取専門店を利用する場合は、毎日変動する金の市場価格をチェックし、ここぞというタイミングで買取査定を利用することをおすすめします。

金高騰の今が売りどき!

金・貴金属の高価買取のおすすめは大阪梅田・なんばのゴールドウィンで。
最新の価格相場で日本一の買取に挑戦!他社とも比較してください!
どこよりも高くをモットーに買取いたします。

金相場急騰中

関連記事

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る