金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

時計買取コラム

  1. 金・ダイヤモンド・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. 時計買取
  3. 時計買取コラム
  4. 超絶技巧で複雑時計を生み出す「オーデマ・ピゲ」の歴史

超絶技巧で複雑時計を生み出す「オーデマ・ピゲ」の歴史

2016年7月16日

ブランド時計

高品質でスタイリッシュなデザインから人気を博している高級時計ブランド「オーデマ・ピケ」。年齢を問わず世界中の腕時計愛好家から支持されているオーデマ・ピケは、古い歴史を持つブランドです。古くから時計づくりにこだわり続けてきたことから、今もなお、絶えず進化を続けているのでしょう。今回は、買取専門店のゴールドウィンでも大人気の高級時計ブランド、オーデマ・ピケの歴史についてご紹介します。

複雑時計へのこだわり

オーデマ・ピケが誕生したのは、1875年のこと。スイスのジュラ山脈で古くから時計づくりに携わってきたジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピケのふたりの時計師が手を組んだことで誕生しました。
このふたりがこだわったのは、最高品質の複雑時計製作。そのこだわりはブランドが成立して間もない頃から発揮され、初期に製作された懐中時計用ムーブメントにも複雑機能が携わっていたとされています。
その後も、一層高度な複雑時計技術を要するミニッツリピーター機構やクロノグラフ機構を開発し、多くのモデルに搭載。複雑な機構を多数組み合わせた超複雑時計の製造・開発にも成功し、その技術と品質の素晴らしさは瞬く間に世界中へ広まっていきました。

時代が変わっても続く快進撃

20世紀、21世紀に入っても、オーデマ・ピケは、続々と快進撃をなしていきます。1978年には角型永久カレンダー腕時計を発表し、1986年には世界初となるトゥールビヨン脱進機付きの極薄自動巻き時計を発表。1990年に永久カレンダー付きの腕時計で世界で最も美しいムーブメント製作も実現し、2年後にはミニッツリピーター、クロノグラフ、永久カレンダー機能を搭載した超複雑時計「トリプルコンプリカシオン」を発表しました。そして1996年、複雑時計の最高峰ともいえる「グラン・コンプリカシオン」の製造・開発に世界ではじめて成功し、世界で誰もが認める複雑時計の名ブラントという地位を確立したのです。

買取専門店のゴールドウィンでは、今回ご紹介したオーデマ・ピケの商品を多数お取り扱いしております。オーデマ・ピケの商品は、買取専門店のゴールドウィンで高価買取の対象となっています。時計をはじめとするオーデマ・ピケの商品でご不要なものをお持ちの方は、是非とも買取専門店のゴールドウィンまでお持ちください。出張買取も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る