ケネディ夫人も愛用した「ピアジェ」の歴史

06-6348-2525

ケネディ夫人も愛用した「ピアジェ」の歴史

2016年1月6日

LINEで査定

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの夫人であるジャクリーン・ケネディ・オナシスをはじめ、女優のジーナ・ロロブリジーダ、マルチアーティストのアンディ・ウォーホルなどの著名人に愛されたピアジェ。
ピアジェはスイスの高級腕時計およびジュエリーメーカーで、創業から140年以上経った今でも世界中の人々に愛されています。ここでは、そんなピアジェの歴史についてご紹介します。

1874年、ピアジェの始まり

ピアジェのはじまりは1874年に遡ります。ジョルジュ・エドワール・ピアジェは、この年、スイスのジュラ山脈にある小さな村ラ・コート・オ・フェに時計工房を設立しました。彼が工房を設けたのは、家族の農場の中で、そこで精密な時計ムーブメントの製造に打ち込みました。彼の技術はまたたく間に広がり、やがて彼のもとに一流ブランドから注文が寄せられるようになります。ピアジェの名声はジュラ山脈だけに留まらず、山脈を越えて広がります。

1911年、ピアジェの進化

1911年、ジョルジュ・エドワール・ピアジェの息子であるティモテ・ピアジェが会社の経営を引き継ぎます。彼は父と同様の時計への情熱や品質に対する厳しさを持っており、同じく成功を収めます。こうして、基盤が築かれたのです。

1943年、ブランドの誕生

1943年、ピアジェはついに商標登録を行います。また、それとともに将来のために重大な決断を行います。それが、「ピアジェ」というブランドの誕生です。それまでのピアジェはラ・コート・オ・フェのムーブメント工場に過ぎなかったのですが、技術の性能だけでなくデザインにも同様の注意を払い、「ピアジェ」の時計を商品化する道へ進んだのです。また、創業者(ティモテ・ピアジェ)の孫となるジェラルド・ピアジェ、ヴァランタン・ピアジェによる指揮が行われてからは、ブランドマーケットが拡大し、世界中へ「ピアジェ」の名を知らしめました。

1957年、ピアジェの代名詞「極薄ムーブメント」の誕生

1957年、現在のピアジェの代名詞となっている「極薄ムーブメント」が誕生します。これにより、ピアジェはスイスに数多く存在する一流時計ブランドの中でも特別な地位を占めるようになりました。また、1960年代頃からは大胆なデザインの時計も数多く誕生し、世界的な地位を確立します。

2014年には、創業140周年を迎えたピアジェは、今でも世界中の人々に愛されています。
ゴールドウィンでは、そんなピアジェの時計の買取も行っております。動かない、傷があるといったものでも買取いたしますので、ピアジェの時計が家に眠っているという方は、是非ゴールドウィンの買取をご利用ください。しっかりと鑑定した上で買取いたしますので、本物かどうかわからないというものでもOKです。宅配買取や出張買取も行っておりますので、遠方にお住まいの方でもご利用いただけます。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る