まさか自分のに限って……。ダイヤモンドの真偽をしっかり確認

06-6348-2525

まさか自分のに限って……。ダイヤモンドの真偽をしっかり確認

2016年11月4日

LINEで査定

買取専門店でも取り扱われることの多いダイヤモンド。グレードや保管状態次第では驚くような高価買取値が付けられる場合もあります。しかし、市場には偽物のダイヤモンドも出回っており、自分の所持するダイヤモンドがもしかしたら本物ではないという可能性もあります。そこで今回は、本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンドの見分け方についてご紹介します。

本物と偽物の違いとは?

近年の市場には「ハイクオリティーな偽物のダイヤモンド」が横行しています。偽物のダイヤモンドは、「模造ダイヤモンド」「ダイヤモンド類似石」と呼ばれています。それらはひと目見るだけでは本物と区別できないほど高いクオリティーで買い手を惑わせます。
しかし、見た目はほとんど同じでも、本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンドには決定的な違いがあります。それは、「成分」です。本物のダイヤモンドは炭素だけが成分なのに対して、偽物のダイヤモンドは酸化ジルコニウムなどさまざまな成分が含まれています。

偽物ダイヤモンドの代表格「キュービックジルコニア」

「偽物のダイヤモンド」といっても、その種類はさまざまです。もっとも多く普及している偽物ダイヤモンドは「キュービックジルコニア」です。キュービックジルコニアは略して「CZ」とも呼ばれ、テレビショッピングなどでもよく紹介されています。キュービックジルコニアは炭素ではなく二酸化ジルコニウムの結晶から作られていますが、本物と遜色のない見た目をしています。しかし、同じカラット数、同じクオリティーのものでも、キュービックジルコニアは本物のダイヤモンドよりもかなり安価で手にすることができます。

簡単な見分け方

見た目だけではほとんど見分けがつかない本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンド。しかし、それらを簡単に見分けられる方法があります。

息を吹きかけてみる

本物のダイヤモンドは熱伝導率が非常に高いという特徴を持っています。そのため、息を吹きかけても表面の曇りはすぐに消えて、透明な状態に戻ります。これに対し、キュービックジルコニアは、息を吹きかけると表面の曇りがなかなか取れません。

水を垂らしてみる

本物のダイヤモンドは、水を強く弾く性質を持っています。本物のダイヤモンドに水を垂らすと表面で水を弾き、球形の水滴となります。これがもし、表面で水を弾かず水滴が平たくなれば、それはキュービックジルコニアの可能性が高いといえます。

ダイヤモンドに油性ペンで文字などを書いてみる

ダイヤモンドは親油性があるので、本物のダイヤモンドは油性ペンで文字などを書くことができますが、偽物のダイヤモンドは油を弾くため書くことができません。油性ペンで文字を書くなんて、もったいなくてできませんが、知識のひとつとして覚えておくと良いでしょう。

ダイヤモンドの角の摩耗を確認する

新規購入ではなく、お手持ちのダイヤモンドが本物か偽物かを見分けるには「ダイヤモンドの角の摩耗を確認する」という方法があります。本物のダイヤモンドはとても硬いので、角が摩耗して丸くなることはまずありません。虫メガネやルーペで簡易チェックができます。

鑑定士にまかせてみましょう

しかし最近は、上記の方法でも見分けにくい「スーパーキュービックジルコニア」という偽物ダイヤモンドも登場しています。そこで、最も確実な見分け方として「鑑定士に鑑定してもらうこと」をおすすめします。ダイヤモンド買取専門店であるゴールドウィンには、専門の知識と経験豊富な鑑定士が在籍しており、お手持ちのダイヤモンドを正確に鑑定します。お手持ちのダイヤモンドの真偽を確かめられるだけではなく、もしかしたら驚くような高価買取値が付くかもしれません。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る