色の変化が楽しめる宝石。“カメレオンダイヤモンド”について

06-6348-2525

色の変化が楽しめる宝石。“カメレオンダイヤモンド”について

2016年11月29日

LINEで査定

一般的にダイヤモンドといえば、氷のように美しく透き通った無色透明なデザインを思い浮かべられることが多くなっています。しかし、ダイヤモンドは無色透明なものばかりではありません。ダイヤモンドのなかにはイエローやグリーン、ブラウン、グレー、ピンク、ブルーなどの鮮やかなカラーを持つカラーダイヤが存在します。希少価値の高いカラーにダイヤは、無色透明なダイヤモンドよりも高額買取される場合もあります。
そんなカラーダイヤモンドのなかでも少し変わっている「カメレオンダイヤモンド」。今回は、その名のとおり、カメレオンのような性質を持っているカメレオンダイヤモンドをご紹介します。

変色性を示すダイヤモンド

カメレオンの特徴といえば、「周囲の色に合わせて自分の色を変えられること」。それと同じく、カメレオンダイヤモンドも「特定の条件によって色が変わる」という変色性を持っています。
カメレオンダイヤモンドという名前は、1943年に世界で初めてカメレオンダイヤモンドを発見した、アメリカのC.A.カイガー社によって名付けられました。このときに発見されたカメレオンダイヤモンドは、青銅色から緑色に変色したといわれています。最初、カメレオンダイヤモンドという名称はカイガー社が発見したダイヤモンドの固有名詞でした。しかし、今では同じような変色性を示すダイヤモンド全般を示す一般的な名称として使われています。
多くのカメレオンダイヤモンドは、通常時はグレイッシュグリーンやオリーブグリーンといった緑系統の色をしています。これに光を当てたり熱を加えたりすると、淡いイエローやオレンジイエローに変化します。逆に、イエロー系の色からグリーン系の色に変化するカメレオンダイヤモンドもあります。前者はクラシック、後者はリバースと呼ばれています。
なお、カメレオンダイヤモンドという名前はあくまでもトレードネームであり、そのダイヤモンドの正式名称ではありません。そのため鑑別書にカメレオンダイヤモンドと書かれることはなく、天然ダイヤモンドと表記されます。

カメレオンダイヤモンドが変色する条件

カメレオンダイヤモンドの変色条件は2つ。「光」と「温度」の2種類です。
最初に発見されたカメレオンダイヤモンドは、光に当てることで色が変わるタイプのものでした。このタイプのカメレオンダイヤモンドを変色させる方法には、光を当てたり一定期間暗所に保管したりといったものがあります。実は光による色の変化は比較的起こりやい現象で、例えば「輸送の際に暗所で保管されたために、到着したときに色が変わっていた」というケースもあります。
温度で変化するタイプのカメレオンダイヤモンドは、基本的には高い熱を加えられることで色を変えます。逆に、冷蔵庫で一晩保管すると色が変わるというケースもあります。前述のリバースタイプは、冷却で色が変化することはなく、加熱で変色するタイプのものにしか存在しないといわれています

しかし、カメレオンダイヤモンドは発見されてからの歴史も浅いため、変色の条件はある程度わかっているものの、なぜ変色するのか、どうやって生まれるのかなどははっきりとわかっていません。

希少価値の高いカメレオンダイヤモンドは高額買取が期待できる

カメレオンダイヤモンドは産出量が少なく、希少価値が非常に高いものです。中古市場に出回ることも少ないため、買取店に出した場合は高額買取が期待できます。また、カメレオンダイヤモンドは小さいサイズで取引されることが多いため、サイズを気にせずに買取依頼することができます。もしもお手持ちの使っていないカメレオンダイヤモンドのジュエリーがあれば、買取に出してみてはいかがでしょうか。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る