紛争ダイヤモンドとも呼ばれるブラッド・ダイヤモンドとは?

06-6348-2525

紛争ダイヤモンドとも呼ばれるブラッド・ダイヤモンドとは?

2017年1月5日

LINEで査定

アメリカ映画のタイトルにも起用された「ブラッド・ダイヤモンド」。ブラッド・ダイヤモンドは、別名「紛争ダイヤモンド」とも呼ばれています。その名前には少し不気味な印象があります。今回は、映画「ブラッド・ダイヤモンド」を通して、ブラッド・ダイヤモンドの悲しい歴史や、その問題についてご紹介します。

映画「ブラッド・ダイヤモンド」

ブラッド・ダイヤモンド=紛争ダイヤモンドとは、アフリカの内戦地域で算出されるダイヤモンドのうち、武器などの調達資源のために不正取引されているものを指します。
2006年に制作されたアメリカ映画「ブラッド・ダイヤモンド」の舞台は、まさにアフリカ、シエラレオネ共和国。アフリカを背景に展開されるこの映画では、ある大粒のダイヤモンドを巡った不毛な争いが描かれています。ダイヤモンドを発見した強制労働者、それを聞きつけたダイヤ密売人、ダイヤ密輸の実態を追う女性ジャーナリストなどが繰り広げる、ヒューマンストーリーです。映画・ブラッドダイヤモンドは、アフリカの採掘現場のタブーに切り込んだ映画として話題を呼びました。現在は、このような反道徳的行為を止めさせるために、ブラッド・ダイヤモンドの不買運動なども行われています。

ブラッド・ダイヤモンドの根絶に向けた動き

1998年、国連は初めてブラッド・ダイヤモンドが戦争資金元になっていることを指摘しました。これは不法に取引されるブラッド・ダイヤモンドの購入を制限することが目的です。この指摘をきっかけに、ブラッド・ダイヤモンドに関係する様々な制度が導入されていくこととなります。
例えば、キンバリープロセス。キンバリー・プロセスとは、輸出されるダイヤモンド原石に「このダイヤモンドは、ブラッド・ダイヤモンドとは無関係である」ということを示す証明書の添付を義務付ける制度です。国を超えたダイヤモンド原石の取引は、このキンバリープロセス加盟国にしか許可されていません。2003年には日本を含む45ヶ国が、キンバリー・プロセスに参加する石を表明しました。それからは、紛争ダイヤモンドのし上流通は大幅に減少。1990年代に出回っていたダイヤモンド原石の15%は紛争ダイヤモンドでしたが、2006年には1%未満に減少しました。
なお、このキンバリープロセスは、南アフリカ・キンバリーで行われたことが名前の由来です。

ブラッド・ダイヤモンドが出回らないために

しうかし、キンバリー・プロセスの参加国でありながらもブラッド・ダイヤモンドの混入が発見された国もあります。紛争ダイヤモンドの不買運動が各国で積極的に行われているにも関わらず、まだまだ完全にブラッド・ダイヤモンドは世界に存在し続けています。紛争ダイヤモンドを少しでも減らすためには、購入者の一人ひとりがダイヤモンド購入の際に、ブラッド・ダイヤモンドではないことを確認することも大切です。「純粋」「幸福」を石言葉として謳うダイヤモンドの輝きを守るため、これからもキンバリー・プロセスに関する規制はますます強化されていくはずです。

お家のタンスの奥に眠っているダイヤモンドはありませんか?買取専門店ゴールドウィンでは、ダイヤモンドの買取も積極的に行っています。宝石の価値があるうちに買取サービスを利用することで思わぬ収入になり、新しい宝石を手に入れる資金になるかもしれません。買取だけでなく、ご相談や鑑定だけでもお気軽にお越しください。不要になった宝石が、予想以上に高価買取値が付くかもしれません。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る