スプーン3本と交換されたって本当!? 漁師が見つけた「スプーンダイヤモンド」

06-6348-2525

  1. 大阪で金・貴金属買取ならゴールドウィン 梅田店・難波店ホーム
  2. ダイヤモンド買取
  3. ダイヤモンドコラム
  4. スプーン3本と交換されたって本当!? 漁師が見つけた「スプーンダイヤモンド」

スプーン3本と交換されたって本当!? 漁師が見つけた「スプーンダイヤモンド」

2017年2月27日

LINEで査定

トルコ・イスタンブールのトプカプ宮殿博物館が所蔵している、「スプーンダイヤモンド」。このダイヤモンドは、この世に存在しているダイヤモンドのなかでも、有数の美しさを誇るといわれています。今回は、そんなスプーンダイヤモンドの由来をご紹介します。

「ただのガラス玉」に見えた石が、じつは……

スプーンダイヤモンドは、ペアシェイプカットが施された約86カラットのダイヤモンドです。メインストーンの周囲には49個のダイヤモンドがあしらわれており、思わず吸い込まれそうなほどの美しい煌めきを放っています。

「スプーンダイヤモンド」と聞いて、変わった名前だと感じた方も多いのではないでしょうか。この名前の由来は諸説ありますが、最も有力なものは「イスタンブールの漁師」にまつわるストーリー。
そのストーリーのよると、スプーンダイヤモンドを発見したのは、ごく平凡な漁師でした。漁師はある日、イスタンブールの海岸を歩いている最中に、キラキラと輝く石を見つけました。これを持ち帰った漁師が、とある宝石商にその美しい石を見せたところ、「ただのガラス玉だ」と言われてしまいます。その言葉にショックを受けた漁師をかわいそうに感じた宝石商は、「せっかく来てくれたから」と3本のスプーンと光る石を交換してあげたそう。
しかし、その後、「ただのガラス玉」だと思っていた石が高価なダイヤモンドだったと発覚します。この物語から「スプーンダイヤモンド」と呼ばれるようになった、といわれています。

スプーンダイヤモンドの発見から現在まで

3本のスプーンと交換されたスプーンダイヤモンドは、1774年のインドで、ピゴというフランスの高官に買取られ、その後ナポレオン1世の母親の手に渡ることになります。しかし、ナポレオン1世の母親は、これをトルコの知事に売却。その後もスプーンダイヤモンドはいろんな人のもとを転々として、再びイスタンブールの地に戻ってきました。

現在、スプーンダイヤモンドが収蔵されているトプカプ宮殿博物館には、エメラルドが柄に施された短刀や、数千個のダイヤモンドが眩しい黄金の燭台など、多くの宝物が展示されています。そのなかでも、最も高価な展示物といわれているのがスプーンダイヤモンドです。「ただのガラス玉」だと思われていた石は、原題では、多くの人々を魅了する宝石として、誇らしげに輝いています。

昔はスプーンダイヤモンドのようは誤った鑑定もありましたが、現在はダイヤモンドの評価基準がしっかりと確立されています。また、信頼のおける専門機関に鑑定を依頼することで、ダイヤモンドの真の価値を明らかにすることができます。ご自宅に、使わなくなったダイヤモンドは眠っていませんでしょうか? 不要になったダイヤモンドは、買取専門店で買取してもらうことをおすすめします。ゴールドウィンは、ダイヤモンドをはじめとする宝石やブランド品を扱う買取専門店です。高価買取を得意としているため、不要なダイヤモンドをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る