大統領のダイヤモンド「プレジデント・ヴァルガス」の歴史

06-6348-2525

大統領のダイヤモンド「プレジデント・ヴァルガス」の歴史

2017年2月25日

LINEで査定

世界のダイヤモンドのなかには、「どうしてこの名前がつけられたのだろう」と思うような、目を引く名前のダイヤモンドが数多くあります。「プレジデント・ヴァルガス」も、そのひとつ。「プレジデント=大統領」の名前がつくダイヤモンドは、いったいどのような歴史を持つのでしょうか。そこで今回は、そんなプレジデント・ヴァルガスについてご紹介します。

大統領の名前がつけられたダイヤモンド

プレジデント・ヴァルガスの原石が発見されたのは、1938年のブラジル。当時、726カラットの大きなダイヤモンドの原石が見つかりました。この726カラットという大きさは、世界に存在してきたダイヤモンド原石のうち、10本の指に入るほどのものです。そんなヴァルガス・ダイヤモンドは、1945年に29個のダイヤモンドにカットされることになります。そのうち最も大きいカラットのダイヤモンドに「プレジデント・ヴァルガス」の名がつけられることになりました。その重さはなんと、48.26カラットです。

プレジデント・ヴァルガスという名前は、当時ブラジルの大統領だったジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスからとられたものだといわれています。彼はブラジル史上、初めて民主的選挙で選ばれた大統領です。彼が大統領に就いていた1930~1945年と1951~1954年は“ヴァルガス時代”と呼ばれており、その肖像がブラジルの紙幣に使われるほど高い人気を博していたそう。
ダイヤモンドに名前が使用されるほど統率力があり、支持されていたことが伺えますね。

現在はイギリス王室で眠っている

プレジデント・ヴァルガスには、エメラルドカットが施されています。そして現在は、イギリス王室に保管されているとのこと。イギリス王室には、ほかにも186カラットの「コ・イ・ヌール」や、530カラットの「アフリカの星」などが保管されています。プレジデント・ヴァルガスは、そんな偉大なダイヤモンドの数々とともに、同じ場所で大切に保管されているのです。

ブラジルだけでなく、世界各国の多くの人々から愛され続けているダイヤモンド。その人気は、今も衰えていません。日本でも「婚約指輪といえばダイヤモンド」といわれるほど、私たちの身近にある宝石です。
もしも、使わなくなったダイヤモンドをお持ちの場合は、ゴールドウィンに買取依頼をしてみてはいかがでしょうか? ゴールドウィンは、宝石やブランド品の買取を行う買取専門店です。高価買取を得意としているので、他店よりもお得に買取を進めることができますよ。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る