世界最古のダイヤモンド、光の山という意味を持つ「コ・イ・ヌール」

06-6348-2525

  1. 大阪で金・貴金属買取ならゴールドウィン 梅田店・難波店ホーム
  2. ダイヤモンド買取
  3. ダイヤモンドコラム
  4. 世界最古のダイヤモンド、光の山という意味を持つ「コ・イ・ヌール」

世界最古のダイヤモンド、光の山という意味を持つ「コ・イ・ヌール」

2016年9月19日

LINEで査定

地球上で最も硬い宝石として知られるダイヤモンド。婚約指輪など特別なジュエリーにあしらわれることも多いですが、その反面、買取に出されることも多い宝石です。
そんなダイヤモンドのなかには、特に有名な石があります。ここでは、「世界最古のダイヤモンド」にスポットを当て、伝説や歴史などについてご紹介します。

コ・イ・ヌールって何?

現存するダイヤモンドのなかで世界最古とされているのが、「コ・イ・ヌール」です。コ・イ・ヌールは、ダイヤモンドの産出地として有名なインドで発見されました。
当時は約1,000カラットもの大きさがあったため、“世界最古”だけでなく、“世界最大”の称号も持っていたのですが、19世紀の終わりごろに南アフリカの鉱山で大量にダイヤモンドが発掘されたことで、その称号は奪われてしまいました。

コ・イ・ヌールの伝説

そんなコ・イ・ヌールには、興味深い伝説があります。
例えば、インドの古代叙事詩「マハー・バーラタ」に記されているのは、「太陽の神・スリヤと人間の女性との間に誕生した男の子・カルナの額にダイヤモンドがついていた」というもの。
また、「男性が持つと不幸が訪れる」という伝説もあります。コ・イ・ヌールを手にしたナディル・シャーという男性は、コ・イ・ヌールを手にしてから精神を病み、その後死に至ったといわれています。その後も、コ・イ・ヌールを手にした男性に次々と不幸が訪れたんだとか。
このようなエピソードゆえに、コ・イ・ヌールは「不幸の石」と呼ばれるようになったのです。なお、女性がコ・イ・ヌールを持った場合は幸せになるといわれています。

コ・イ・ヌールの歴史

コ・イ・ヌールがインドで発見されたのは1304年のこと。その後1526年には、インドを制圧したムガル帝国の皇帝バーブルが戦利品として手中に収めました。このことは、彼が著した「バーブル・ナーマ」に記されています。
1739年になると、インドを制圧したペルシャの王によってコ・イ・ヌールは奪取されます。その際、コ・イ・ヌールのあまりにも美しい輝きを目の当たりにしたペルシャの王は、思わず「コ・イ・ヌール(光の山)!」と叫んだそう。
月日は流れ1950年、コ・イ・ヌールはイギリスのビクトリア女王に献上されます。そして、翌年1951年に開催された万国博覧会に「世界最大、186カラットのダイヤモンド」として出品されました。このとき、コ・イ・ヌールはインド式にカットされていたのですが、その輝きは目を引くほどではなく、博覧会を訪れた人々をガッカリさせることになってしまいました。

その後、ビクトリア女王はこの悪評を受け、コ・イ・ヌールをブリリアントカットにリカットし、本来の輝きを取り戻します。そして、コ・イ・ヌールは理想的なカットであるオーバル・ブリリアントカットとなり、現在はイギリス王室のエリザベス皇太后の王冠にあしらわれ、ロンドン塔にて展示されています。

手持ちの古いダイヤモンドは買取に出そう

いかがでしたか。
今回ご紹介したコ・イ・ヌールは、非常に価値の高い宝石のひとつです。では、みなさんのご自宅で眠っているダイヤモンドの価値はどうでしょうか? 
ダイヤモンドは、買取専門店のゴールドウィンで高額買取に繋がる可能性の高い宝石です。ゴールドウィンではジュエリーはもちろん、原石での買取も行っていますので、「自宅に使っていないダイヤモンドがある」「ダイヤモンドを売ろうと思っている」などと考えている方は、ぜひお問い合わせください。
なお、店舗買取、出張買取、宅配買取と3タイプの買取方法をご用意していますので、お客様のライフスタイルに合わせて買取いたします。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る