幸せを運ぶ宝石 「ピンクダイヤモンド」

06-6348-2525

幸せを運ぶ宝石 「ピンクダイヤモンド」

2016年10月24日

LINEで査定

恋愛に効果のある宝石として女性を中心に人気を集めているピンクダイヤモンド。身につけた人に幸せを運ぶ宝石といわれており、婚約指輪にあしらう宝石としても人気があります。
ここでは、ピンクダイヤモンドに込められている意味、その希少価値、不思議な言い伝えなどについてご紹介します。

愛情。幸せ。ピンク色だからこその意味や石言葉

ピンク色に対して、“女性らしさ”や“優しさ”、“幸せ”、“愛情”などのイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか?そんな柔らかく温かな印象を持つピンク色のピンクダイヤモンドは、「永遠の愛」という石言葉を持っています。そのため多くの女性から恋愛成就のために身につける宝石として人気を博しています。また、「両思い」「ゴール」「完全無欠の愛」などの意味も込められているので、愛するパートナーに贈る婚約指輪の宝石としても多く選ばれています。

セレブや王族からも人気の、美しく希少な宝石

ピンクダイヤモンドは、無色透明のダイヤモンドと比較して、とても希少なダイヤモンドです。主な生産地として知られるオーストラリアのアーガイル鉱山以外に、ピンクダイヤモンドを産出できる鉱山はほぼ見つかっていません。産出量も少なく、無色透明のダイヤモンドの約0.1%となっています。また、アーガイル鉱山の宝石産出量字体も減少傾向にあるので、今後ピンクダイヤモンドの希少価値はさらに高まっていくと考えられます。

その希少性から、ピンクダイヤモンドはセレブや投資家、王族など高い地位の人々からも人気が高く、熱狂的なコレクターがいます。2013年にジュネーブで行われたオークションでは、約60カラットの「ピンク・スター」が約85億円で落札されています。このことからも、ピンクダイヤモンドがいかに魅力的で人気の高い宝石なのかが伺えますね。

一匹の魚からアーガイル鉱山のダイヤが生まれた?

ピンクダイヤモンドは、天然のピンクダイヤモンドと人工のピンクダイヤモンドの2種類に分けられます。希少性が高いのは当然、天然のピンクダイヤモンド。天然のものは、ダイヤモンド内部の炭素の結晶構造に歪みが生じることで、優しいピンク色になるといわれていますが、科学的な確証はまだ得られていません。

そんなピンクダイヤモンドには、とても不思議な言い伝えがあります。

言い伝えの舞台はオーストラリア。この地の先住民・アボリジニの女性たちが魚を捕まえようと川に網を仕掛けたところ、一匹の古代魚が引っ掛かりました。引っ掛かった古代魚の名前は“バラマンディ”。しかし、女性たちは、バラマンディを捕らえることはできませんでした。その代わりに、バラマンディが逃げる際に剥がれ落とした鱗を手に入れます。すると、その鱗は美しい色とりどりのダイヤモンドへと変化し、アーガイル鉱山を彩るように散ていった……というお話です。

こういったロマンチックな言い伝えがあることも、多くの女性がピンクダイヤモンドに惹かれてしまう所以なのかもしれませんね。

前述したとおり、セレブや王族からの人気も高いピンクダイヤモンド。世界各国にコレクターがいるだけあって、オークションや買取店などで出品されるとすぐに買い手がつき、その姿を消してしまうことも少なくありません。そのうえ、今後は産出量の減少により需要と供給のバランスが崩れ、より高価格で取引されることが予測されます。
現在ピンクダイヤモンドをお持ちの方は、このタイミングで売却するのはいかがでしょうか?

ゴールドウィンは、金やダイヤモンド、ブランド品などを専門としている買取店です。ダイヤモンドの買取に関しても、高価買取をしております。これまでにも、多くのお客様からお喜びや感謝のお声を頂いております。
店頭買取・宅配買取・出張買取の3タイプの買取方法をご用意しており、お客様のご都合でお選びいただけます。ぜひお気軽にご連絡ください。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る