金・ダイヤモンド・ブランド買取「ゴールドウィン」の買取コラム

06-6348-2525

金買取コラム

  1. 金・プラチナ・ブランド買取【ゴールドウィン】
  2. 金買取
  3. 金買取コラム
  4. 金買取のチェック項目

金の鑑定士は金買取の際にこのような項目をチェックしています。

2018年1月9日

金

大阪、梅田・難波の金買取店ゴールドウィンでは、お客様にお持ち込みいただいた金の買取を行うにあたって金の査定を行います。他店よりもより高い金額で金の買取を行うためにゴールドウィンはどのようなチェックを行っているのでしょう。
金鑑定士が金をチェックするうえで見ているポイントについてご説明します。

その金は本物? 金買取の際には金にはいっている刻印のチェックをします!

金の買取を行うにあたって金の刻印のチェックは必ず行っています。
世界に流通している金の総量は50mプール三つ分にも満たないと言われています。
都市にもよって異なりますが、2016年の世界の金の供給量は4,500トンほど。平均して毎年、約4,000トンほどの金が流通していると考えられます。
その流通している金が全て本物かというとそういうわけではありません。
弊社「大阪の金買取店ゴールドウィン」にも年間かなりの量の金が持ち込まれますが、お客様自身偽物と知らず粗悪な金を他社で購入してしまっていたというケースもございます。
その金が偽物なのか本物なのかはお客様としても気になるところ。その金の真贋を問う際に一番に確認するのが、その金に刻印が入っているかどうかです。
本物であっても刻印がない場合、刻印があってもその刻印が偽物である場合ということも残念ながらあるのですが、その金に刻印が入っているかどうかはその金が本物であるという証明ですので、必ず確認するようにしています。
金は刻印によって、その金の純度・製造元や販売元などの情報を知ることができます。

その金の純度は? 金買取をする際にその金の比率や重量のチェックをします!

金はその刻印によってその金の純度を知ることができます。
偽物の金は、銅や亜鉛などの金属と金の混ざりものや、単に金メッキを施しただけのものであるため、刻印通りの内容の本物の金と比較すると重量が異なります。
この際、例えばタングステンのように金と比重が似通った金属を使い、その金が偽物であることをわかりにくくする業者もいます。
高度な比重計やX線分析装置、薬品などを用いることによってその金の価値をより正確に知ることができます。
刻印や純度・重量などの情報をもとにその金の価格を知ることで、金の買取価格を適正に行うことができるのです。

金の買取価格に影響するその他の要素とは?

金の買取価格は、比率や重量だけでは決まらずより高い価値がつくこともあります。
金の土台となっている指輪や、付属している宝石などがある場合、その金だけではなくそういった他の要素も含めたうえでの金買取の査定となります。場合によってはかなりの高値が付くこともあります。
気になるようであれば、一度金買取店に査定依頼をすることがおすすめです。

汚れが取れなくなった金は価値が落ちてしまう? 金買取を依頼する時に気になる要素

長年大事に使った金の装飾品などは、こびりついた取れない汚れや細かな傷などがついてしまうこともあります。そういった傷や汚れはその金の価値を損なうことはありません。
ダイヤモンドなどの宝石であれば、傷や汚れによって大きく価値を損なうこともあります。しかし、金は買取られた後そのままつかわれるだけでなく、一度溶かして新たに整形しなおしてから販売されることも多いです。
その場合、溶解した際に傷や汚れなどは消えてしまうため、その金に傷や汚れがあっても金の価値を損なうことにはならないのです。

金鑑定士が金買取を行う際に見ているポイントのまとめ

このように、金鑑定士はお客様の金をしっかりと見定めたうえでその金の価値を判別します。
金の真贋を見定める技術が低ければ、その金に対して強気な値段設定をすることができず、結果その金は低い価格で金買取されてしまうことになってしまいます。
大阪、梅田・難波の金買取店ゴールドウィンではお客様の金を最高の金額で買い取らせていただくために、その金の価値の確認を細かにさせていただいています。
お客様の大事な金を高値で買取るために弊社ゴールドウィンは、全力で金の査定を行っています。
大阪、梅田・難波で金買取店をお探しなら、ぜひゴールドウィンまでお問い合わせください。

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る