実は別物!?アクセサリーとジュエリーの違い

06-6348-2525

実は別物!?アクセサリーとジュエリーの違い

2017年2月17日

LINEで査定

よく似た印象を持つ言葉に、アクセサリーとジュエリーがあります。混同して使っている言葉ですが、この2つ、実はかなり違った意味を持つ言葉です。違いを知ると、アクセサリーやジュエリーの見方が少し変わるかもしれません。

アクセサリーのなかにジュエリーが含まれる?

辞書で読み解くと、アクセサリーとジュエリーは以下のように区別されています。

「アクセサリー」は、装飾品を意味します。ネックレスや指輪など、身につけて装飾する目的のものはアクセサリーに該当します。
一方、ジュエリーは、宝石類や貴金属を使用した装身具、あるいは宝石類・貴金属そのものを指します。つまり、ダイヤモンドに代表される宝石類や、金・プラチナに代表される貴金属を使用したアクセサリーをジュエリーと呼ぶのです。

以上から、身につける装飾品全般をアクセサリーと呼び、なかでも高価な宝石類や貴金属を使ったものをジュエリーと呼ぶことが分かります。

安価なもの、高価なものという分け方

ダイヤモンドやプラチナなど高価な素材を使ったものをジュエリー、それ以外をアクセサリーとする呼び分け方もあります。

複合語を例に見てみると、その呼び分け方が分かりやすくなります。
たとえば、ビーズアクセサリーという言葉はありますが、ビーズジュエリーという使い方はしません。これは、ビーズが安価なものであり、ジュエリーには該当しないからです。
また、ブライダルジュエリーという言葉がある一方で、ブライダルアクセサリーという言葉はあまり聞かないですよね。ブライダルシーンにおいて、高級感や特別感の薄い“アクセサリー”という言葉は馴染みが悪いからです。

なお英語圏では、この2つの言葉を明確に区別しています。
まず、ジュエリーのことは、「素晴らしい」という意味の「ファイン」を頭につけて、「ファインジュエリー」と呼びます。一方のアクセサリーは、「コスチュームジュエリー」という呼び方をします。コスチュームジュエリーは、貴金属が使われていないイミテーションジュエリーのことを指します。近年は日本でも、これらの呼び方をするショップが増えてきているそうです。

高価な宝石類や貴金属をあしらったジュエリーは、買取店における査定額ももちろん高くなります。宝石類の代表は、やはりダイヤモンド。ダイヤモンドの品質を決定する国際基準「4C」で高い評価を得ているダイヤモンドであれば、高額買取が期待できます。
買取専門店のゴールドウィンでは、鑑定の精度に確かな自信を持ち、お客さまのご期待に添えられる高額査定を目指しています。買取の難しいメレダイヤも、ゴールドウィンでは買取いたします。家のなかで眠っているダイヤモンドやその他宝石類、貴金属がおありでしたら、ぜひ一度査定に出してみてください。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る