ロマンチックなダイヤモンド ハート&キューピッドって?

06-6348-2525

ロマンチックなダイヤモンド ハート&キューピッドって?

2017年3月12日

LINEで査定

ダイヤモンドの輝きを左右する性質のひとつに、シンメトリーがあげられます。シンメトリーとは左右の対称性を表すもので、これが整っているダイヤモンドには、「ハート&キューピッド」を望むことができます。以下にて、ハート&キューピッドについてご紹介します。

ラウンドブリリアントカットのみに現れる

ハート&キューピッドは、対称性の高いラウンドブリリアントカットのダイヤモンドに見られるマークのこと。肉眼で見ることは不可能で、特殊なスコープを用いた場合にのみ観察できます。左右対称にカットが整ったダイヤモンドをスコープでのぞくと、パビリオン側に8つのハートを、クラウン側に8つのアロー(矢)を見ることができます。このマークが、ハート&キューピッドです。

ハート&キューピッドは、鑑定機関により呼び方が異なります。この名称で呼ぶのは商標登録をしているCGL(中央宝石研究所)のみで、GIA(米国宝石学会)は「ハート&アロー」、AGT(AGTジェムラボラトリー)は「華標(はなしるべ)」と呼んでいます。
ハート&キューピッドの有無は、ダイヤモンドの鑑定書やそのサブレポートなどで確認でき、CGLとAGTではサブレポートに画像がプリントされています。

一定の基準を満たしている必要がある

ハート&キューピッドが見られるからといって、ダイヤモンドのカットグレードが最高であるとは限りません。カットグレードがEXCELLENT(カットグレードの最高品質) でなくても、プロポーションとシンメトリーが整っていればハート&キューピッドを望むことができます。なお、プロポーション とは、全体的な形のバランスを表すものです。

ハート&キューピッドを商標登録しているCGLでは、独自の判断基準を設定しています。条件に満たないと判断される例には、以下のものがあります。

  • ハートの先端部分が3%を超えてズレている
  • 8つのハートのうちいずれかが著しく小さい
  • ハートが全体の3分の1以上割れている
  • インクルージョンが矢の形に大きく影響している
  • 矢先と矢軸の結合部がズレている
  • 白く反射していない矢があり、矢の明暗差が著しい

他にもさまざまな基準が設けられており、ひとつ以上あてはまる場合、ハート&キューピッドとは認められません。

婚約指輪などにも使われるダイヤモンドは、非常に高価な宝石です。特にハート&キューピッドが見られるような高品質なものは、買取専門店でも高価買取につながりやすいといえます。デザインに飽きて身につけなくなったダイヤモンドがお手元にある方は、買取専門店の利用を検討してはいかがでしょうか。ゴールドウィンは宅配買取や出張買取にも対応しているので、お気軽にご利用いただけます。

LINEで査定

ゴールドウィン梅田店

所在地
大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル1F
最寄駅
JR「大阪駅」より徒歩3分
「梅田駅」地下街F-34より徒歩2分
TEL
06-6348-2525
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンなんば店

所在地
大阪市中央区難波4-5-14
コックドールビル7F
最寄駅
地下鉄「なんば駅」
9番出口直結徒歩0分
TEL
06-6586-6137
FAX
06-6348-5165
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休

ゴールドウィンの選べる買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
ページのトップへ戻る